ほかにはない治療をご提供します

当院では、特殊な歯周病治療を採用しています。たとえば、抗生物質を用いて歯周病菌を除去する処置のほか、除菌効果が期待できる特殊な水を治療に用いるなど、従来の歯周病治療にはなかった新しい方法を取り入れているのです。

今後も、より効果的な歯周病治療を追究していきたいと考えています。ほかにはない歯周病治療を希望される方は、当院までご相談ください。

ミノマイシンを使用した治療

ミノマイシンとは、細菌が育つために必要なたんぱく質の生成を阻害する抗生物質です。高濃度で用いることで病原微生物を死滅させる効果もあり、皮膚感染症や呼吸器感染症のほか、目・耳・鼻などの感染症など、広い範囲における治療で使われています。

当院では歯周病治療にミノマイシンを用いて、善玉菌を残しつつ一旦はお口の中の歯周病菌などの悪玉菌を一掃します。その後、スケーリングや歯周ポケット掻爬(そうは)術などの外科的処置などを行い歯周病を完治へと導きます。

» ミノマイシンについてくわしくはこちらをご覧ください。

高濃度次亜塩素酸水を使用した治療

当院では歯周病治療に、除菌効果が期待できる高濃度次亜塩素酸水を使用しています。高濃度次亜塩素酸水とは電気分解によってつくられた水であり、人体にても優しいといった特徴を持ちながらも細菌には強いです。この水を使ってうがいをしたり、歯周ポケット内を洗浄したりすることで、歯周病治療の効果を高めます。

CGF

CGF(Concentrated Growth Factors)とは失われた歯周組織を再生する処置のひとつです。こちらの機械で採血した血液を遠心分離させ、血液を凝固させるフィブリンという物質を取り出したものを使用します。こちらは歯周組織の再性機能が高く、短期間で組織が完成し、なおかつ自分の細胞を使う事によって術後の感染などの心配がありません。

その他の治療法については、こちらをご覧ください。

特殊な歯周病治療についてくわしく知りたい方は、こちらからお気軽にご連絡ください。

  • ページの上部に戻る