気づかないうちに進行している歯周病

日本人の成人の約8割が歯周病になっている、またはその予備軍と言われている、日本の国民病、歯周病。プラーク(歯垢)に棲む歯周病菌が毒素を出すことによって、歯を支える歯ぐきや顎の骨などの歯周組織を破壊してしまう病気です。悪化すると歯は支えを失い、最終的には抜け落ちてしまいます。実は、日本人が歯を失う原因の第1位は、虫歯ではなく歯周病なのです。

さらには近年、歯周病菌が体内に入ることで、さまざまな全身疾患を招くことがわかってきました。歯周病はお口の中はもちろん、全身の健康にも悪影響を与える恐ろしい病気です。できるだけ早く、適切な治療を受けましょう。

歯周病が体に与える影響

歯周病は、お口の中だけでなく全身にも悪影響を与え、逆になんらかの全身疾患が歯周病を悪化させる要因になることもあるなど、歯周病と全身疾患には深い関係があります。

アレルギー疾患 自己免疫疾患や金属アレルギーと歯周病の間には、相互作用があります。
心臓病 歯周病菌が血液に入り込むことで、狭心症や心筋梗塞などを招くことがあります。
糖尿病 歯周病と糖尿病は、互いに症状を誘発したり悪化させたりする相互関係にあります。
早産・低体重児出産 歯周病菌が産科器官へ入り込むことで、陣痛に似た筋肉の収縮を引き起こし早産や低体重児出産を招くことがあります。
誤嚥性肺炎 誤嚥(ごえん)によって肺の中に歯周病菌が入り込むことで、肺炎を引き起こすことがあります。

さまざまな歯周炎の種類

若年性歯周炎

若年性歯周炎

プラークなどがさほどたまっていないにもかかわらず重度の歯周病になってしまう状態を「若年性歯周炎」と呼びます。プラークがそうたまってなくても歯周病が進みやすい抵抗力が低い人、つまりに特に若い人によく見られるため、そう呼ばれているのです。

重度の歯周病と同じ症状があらわれるため、歯ぐきの炎症はひどく、顎の骨の吸収も見られます。放っておくと最終的には歯が抜け落ちてしまうことがあるため、注意が必要です。

妊娠性歯周炎

妊娠性歯周炎

妊娠中はホルモンのバランスの乱れや口腔内ケア不足、食生活の乱れなどにより、歯周病菌のはたらきが活発になり、「妊娠性歯周炎」になりやすくなります。歯ぐきが腫れたり、ブラッシング時に歯ぐきから出血しやすくなるなど、歯周病に似た症状があらわれます。

歯周病が早産・低体重児出産を招きやすいように、妊娠性歯周炎も早産・低体重児出産を招きやすくなります。普段からお口のケアをしっかり行いましょう。

実際に当院で治療を受けた患者様の声はこちらから

歯周病の発症を防ぐには、日々の予防・メインテナンスが重要です。くわしくはこちらをご覧ください。

歯周病について知りたいこと、不安なことなどがありましたら、こちらからお気軽におたずねください。

  • ページの上部に戻る