合わない入れ歯は取り替えましょう

入れ歯にこのようなお悩みはありませんか? 上記のようなトラブルが起きているということは、入れ歯が合っていない証拠。また、歯周病が悪化したことにより、入れ歯が合わなくなってくるケースもあります。合わない入れ歯をつけ続けていると、上記のような不具合のほかに、お口の粘膜が傷ついたり全身に悪影響が及んだりすることがあります。

当院では、お口の中を細かくチェックし、咬合のシミュレーションなどをしっかり行ってから入れ歯を作製しています。合わない入れ歯にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

院長が入れ歯について解説している動画はこちらから

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯には、保険の入れ歯と自費の入れ歯があります。それぞれ違いをご説明しています。

 

保険の入れ歯

保険の入れ歯

自費の入れ歯

自費の入れ歯

素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ シリコンや金属など多くの種類から選べる
金額 保険が適用できるので比較的安価 保険が適用できないので高額
見た目 入れ歯とわかりやすい 美しく自然
使い心地 違和感あり 違和感がなく自然
耐久性 低い 高い
その他
  • 修復が容易
  • 食べものの熱が伝わりにくく、食事が楽しめないことがある
  • 食べものの熱が伝わりやすく、食事が楽しめる
  • 修理に時間がかかることがある

自費の取り扱い入れ歯

歯ぐきにやさしい「コンフォート」

歯ぐきにあたる部分が「生体用シリコーン」というクッションで覆われた入れ歯です。生体用シリコーンは弾性に富んでいるため吸着力に優れ、咬んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげます。これにより、「痛い」「外れやすい」「しっかり咬めない」といった従来の入れ歯のお悩みを解消しています。

バネがない入れ歯「スマイルデンチャー」

金属のバネのない部分入れ歯です。歯ぐきの部分はナイロン樹脂でできており、バネがないのにあわせて天然の歯ぐきと同色調なので自然な見た目を再現します。また、弾性にも優れているので歯ぐきにフィットするうえに壊れにくくなっています。また、薄いつくりなので、装着時の違和感はほとんどありません。

【自分の歯のように咬める「インプラント」という選択肢もあります】

「入れ歯はちょっと……」という方には、天然歯で咬んでいるかのような咬み心地と自然な見た目が得られる「インプラント」という治療法もあります。

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に生体親和性が高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法。人工歯根が顎の骨としっかり結合するため、天然歯と変わらない咬み心地が取り戻せます。さらに、人工歯はセラミックでつくられているためとても美しく、機能性・審美性ともに満足のいく結果を得られます。手術を必要とし高額にはなるものの、近年では失った歯を補う治療として人気を集めています。

インプラントのメリット

入れ歯とインプラントを合わせた治療方法(インプラントオーバーデンチャー)

入れ歯を装着しても安定せず、噛み合わせや使用感に問題が残る患者様におすすめなのが、「インプラントオーバーデンチャー」です。これは複数本(最小 2本)のインプラントを埋入し、それを支えとして入れ歯を装着するという方法です。入れ歯がインプラントという強固な支えにより固定されるので、しっかり噛めるようになります。全歯をインプラントにするよりもかなり安価で、費用負担が少ない治療法だと言えます。

院長がインプラントについて解説している動画はこちらから

インプラントは入れて終わりではありません

インプラントは、天然歯と同等の咬み心地や見た目を取り戻せる優れた治療です。しかし、治療が完了したらそれですべて終わりではありません。むしろ、そこからのメインテナンスがとても重要です。

実はインプラントは、メインテナンスを怠ると抜け落ちてしまうことがあります。逆を言えば、メインテナンスをしっかり行っていれば、長い期間使えます。手術をしてせっかく埋め込んだインプラントを長持ちさせるために、治療後のメインテナンスを欠かさないようにしましょう。

インプラント周囲炎をご存知ですか?

インプラント周囲炎とは、いわゆる「インプラントの歯周病」。天然歯と同じように、歯周病菌によって歯ぐきやインプラントを支える顎の骨などの歯周組織が破壊されてしまう病気です。悪化するとインプラントはぐらつき、最終的には支えを失って抜け落ちてしまいます。

また、インプラントを支える歯周組織は天然歯のときより細菌に感染しやすく、さらに人工物であるインプラントは異常に気づきにくいというリスクも抱えています。インプラント周囲炎からインプラントを守るには、毎日の適切なブラッシングのほかに歯科医院での定期的なメインテナンスが欠かせません。患者様自身が意識して、積極的に取り組みましょう。

当院では月1回、メインテナンスにお越しいただいています

当院ではインプラントのメインテナンスに、月1回の割合でお越しいただいています。「そんなに頻繁に!?」と思われるかもしれませんが、それには理由があるのです。

インプラント周囲炎はバイオフィルム(細菌の集まり)が原因となって発症します。バイオフィルムは、4~6週間のうちに歯に付着する性質があるため、インプラント周囲炎を予防するためには付着する前の対処が効果的で、そのため月に1回はお越しいただく必要があるのです。

まめにメインテナンスを行うことで、インプラントを長く使い続けることができます。手術や費用などをかけて、せっかく取り戻した天然歯の感覚を失ってしまわないよう、メインテナンスを欠かさないようにしましょう。

予防・メインテナンスについてくわしくは、こちらをご覧ください。

インプラントについてわからないことがある場合には、こちらからお気軽にご相談ください。

  • ページの上部に戻る