吉田院長に聞きました

なぜ歯周病治療に力を入れているんですか?

成人の約8割が歯周病と言うことで悩まれている方もすごく多いと思います。
成人に限らず、若年性と言って若いうちから歯周病になってしまったり、歯肉炎がひどくなってしまったりと悩まれている方もいます。
後は、妊娠性の妊娠時に特別に出てしう菌とかもございますので、それに関しては、しっかりとケアをしていかないと先々大変なことになります。
歯周病と言うのはそもそも、自覚症状がほどんどありません。自覚症状が出始める頃には、重度の歯周病になってしまっていることが多いので、定期的な検査、検診であったり早期治療が重要になってくると言うのが1つですね。

どのようなお悩みを持った患者様が多いですか?

当院は、歯周病で悩まれている方の来院が非常に多いです。
主訴として最初に患者様が気づく1つとしては、歯がグラグラしてきたりとか、歯茎からすごい出血するとか、後は口臭が気になるということが多いですね。
当院の特別なプログラム(治療)を受けていただいて、ご本人も納得いただける様な治療が出来ていると思います。
やはり歯周病の治療は限界がありますが、その限界に対して患者様と向き合って1回1回、しっかりと治療をしています。

重度の症状の患者様にはどのような対応をされているんですか?

期間が何より必要になりますね。後は精密な検査であったり、しっかりとしたフィードバックをしながら、患者様によってお口の中は十人十色なので、患者様に合わせた、プログラムと定期的なメンテナンスをしっかり行っていきます。
歯を抜かずになるべく残していきたいと考えてやっております。

では歯周病にならないためにはどのようにしたらいいのでしょうか?

まずは、歯医者さんに行くことですね。しっかりとした検査と口の中の状態を自分で、まずは把握しなければいけないですね。そうすると歯医者さんの方で、あなたはこういう状態で、こういう器具を使ったり、こういう磨き方をしたりと説明があると思います。後はこういうメンテナンスプログラムをやって行かないとということを、何よりもご自分で知ることが必要だと思います。

実際にどのようなプラグラムを行っているんでしょうか?

当院では、歯周病の検査も精密にやるようにしてます。後は唾液検査であったり、状態によっては細菌検査などもします。口の中の歯周病菌の中で一番、何の菌が増えているのか、それによって治療の方針が変わってきますのでまず、それをしっかりやります。
後は、飲み薬ですね。飲んでもらうというのもあります。後は、うがい薬です。これを使っていただくと、改善は認められます。
何よりも後は、メンテナンスです。それは患者様にしっかりと納得していただいて無理のない計画を立てて、三ヵ月に一回でもいいですし、半年に一回でもいいですし。それは状態に合わせて、こちらから提案させていただいて、なるべく自分の歯で噛んでいきましょうということを念頭においてやっています。

歯周病でお悩みの方へメッセージをお願いします。

なるべく早めに歯医者にいらして下さい。ちょっとの変化でも口の中は、病気になっているよというサインがあったりします。まずは歯医者さんに行って、しっかりと検査をしてもらうことが何よりです。
歯周病で悩まれている方は、是非当院に来院していただけると幸いです。

吉田院長の語る医院コンセプトが動画でご覧いただけます

院長紹介

吉田 和正

吉田 和正

【略歴】

2005年 4月
神奈川歯科大学 卒業
2006年 4月
神奈川歯科大学 研修医として入局
2007年 4月
岸歯科診療所 勤務
2009年 9月
ひかり歯科クリニック 開業
現在に至る

ドクター紹介

矯正担当 奥田 光江
(ひかりインプラント矯正
センター センター長)

奥田 光江

【略歴】

神奈川歯科大学 卒業
東京歯科大学研修課程 修了
神奈川歯科大学成長発達歯科学講座歯科矯正学分野 研究生

口腔外科担当 本田 博之

本田 博之

【略歴】

神奈川歯科大学 卒業
高知医大口腔外科を経て、現在おくだデンタルクリニック勤務

動画で詳しい治療内容がご覧いただけます

治療に関するご質問・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

  • ページの上部に戻る